S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
Counter
Twitter
yojohan
「四畳半神話大系」公式サイト
mixi
mixi(ミクシィ)やってます!
Otoframe
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 「アンフェア」第2話 | main | 「出雲の阿国」第2話 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write夕来
『ネクロポリス』読了
ネクロポリス 上
ネクロポリス 上
恩田 陸

日本とイギリスの文化が不思議に融合した国、V.ファーが舞台。
最初ヨーロッパのどこかのようなイメージを持っていたのだが、
解説を見ると「極東にある島国」らしい。
その国の聖地アナザー・ヒルでは、年に一度だけ死んだ人が
実体を持って訪れる「ヒガン」という祝祭があった。
…という設定で物語は始まるが、主人公・ジュンと同じく、
それ以上の詳しい説明もなく、
読み手もその世界観にいきなり放り込まれてしまう。
恩田さんお得意のミステリとファンタジーと、
少々ホラー風味も加わった、
なかなか読みごたえのある作品だ。

恩田さんきっとキャラ萌え系だよな…と、
私はこっそり思っているが、
今回の登場人物もそれぞれに魅力的。
主人公の東大大学院生・ジュンイチロウを始め、
遠縁の少女ハナ、教師のマリコ、初老の教授、
教授の学生でメガネくんなジミー、先住民・ラインマンなど、
いろいろな人物が事件を見守り、関わっていく。

因習・言葉に至るまでが完璧に作り上げられた世界観の中、
まるで舞台を見ているような感じで物語はじわじわと進んで行く。
姿の見えない殺人者、失踪した者の行方などが絡み合うが、
その根底にあるのは、亡くした人への
切ない想いであるような気がする。
最後は盛り上がりに欠ける感はややあるが、
ここまでこの世界を作り上げていることに脱帽。
ゆったりまったり恩田ワールドに浸れることは間違いない。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | [books]その他 | comments(2) | trackbacks(1)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
藍色 : 
2009/07/28 8:05 PM 
最後はちょっと拍子抜けでしたけど、世界を満喫しました。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

TOPへ
夕来→藍色さん : 
2009/07/30 7:12 AM 
TBありがとうございます〜♪
「ネクロポリス」は文庫化されましたよね。
また読んでみようかな…。
恩田さんは舞台の設定やキャラの立たせ方が
いつも巧いな〜と思います。
同じ世界観でいくらでも続編書けそう?!

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://plumport.jugem.jp/trackback/62
Trackback
懐かしい故人と再会できる聖地―アナザー・ヒル。 連続殺人、不可思議な風習、天変地異、そこに新たな事件が。 上巻はいろいろな事件や登...
TOPへ
粋な提案 | 2009/07/28 8:03 PM