S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
Counter
Twitter
yojohan
「四畳半神話大系」公式サイト
mixi
mixi(ミクシィ)やってます!
Otoframe
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 「華麗なる一族」第10話(最終回) | main | WJ感想/no.16 >>
write夕来
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」第11話(最終回)
もう…涙が…涙がァっ!……
オカンの最期で泣いて、バカボンの鼻メガネで笑って、
オトンが棺にすがって号泣する所で泣いた!
古いお札でまたちょっと笑って、
オカンの手紙であうあうなりながらまた泣いた!
コブクロの「蕾」も良かったが、
このドラマのBGMではかな〜り泣かされましたわ。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」O.S.T
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」O.S.T
TVサントラ,澤野弘之,河野伸
外出許可をもらったオカンはブーブおばちゃんと旅行に行くが、
そこで倒れ、救急車で病院に戻ってくる。
体力の消耗は激しく、もってあと数日と言われてしまう…。

辛そうにオカンに付き添うマー君と、
病室を訪れてくれたみんなに笑顔を見せるオカンを見てると、
どうしようもない悲しみに襲われる。
バカボンも、レオ君も、徳本君も、鳴沢君も、手塚さんも、
確かにオカンの息子だった。
そしてまた指輪をはめて小樽から訪れたまなみも、
確かにオカンの娘だった。
みんなに愛されてたオカンが、今死に行こうとしている。

眠るオカンの元へ駆け付けるオトン。
オカンの望みだった「3人川の字で寝ること」が、
今この時に実現してしまうことがまた切ない。
そしてオカンに訪れる最期の時。
何も喋れないけど、マー君の手をぎゅっと握り返した所は、
いっぱい言葉を残すよりもずっとずっとリアリティがあった。
今まで冷静さを保とうとしてたマー君が、
「オカンとまた朝ご飯食べたい!オカンのぬか漬け食べたい!」と
取り乱して叫ぶ姿がまた悲しい。

でもにぎやかなのが好きだったオカンだからって、
お葬式は一転明るい雰囲気に包まれている。
ぬか漬けのツボを抱えるバカボンは、
鼻メガネ後継者として歌い踊ってるし、
うさぎのゴジラを抱いてひとりベランダに佇むオトンは
柄シャツのままだし、
徳本君たちが喪服を持ってきてるのも可笑しい。
またオカンの遺影がハワイアンセンターに行った時の
トロピカルでかわいい姿で、悲しいんだけどちょっと笑ってしまう。

最後に棺に取りすがるオトンは、
今までオカンに優しい言葉をかけることができなかった自分を、
きっとずっと後悔してたんだろう。
でもオトンの涙は、本当はオカンをすごく愛していたことの現れだと思う。
泉谷さんの演技がいいなぁ…。

そしてついに開くオカンBOX
マー君のへその緒や、古いお札が可愛くて
笑ってしまうが、
オカンの手紙でまた涙が出てきてしょうがない。
死んでいく自分のことを嘆くのではなく、
マー君への愛と感謝があふれていて、オカンらしくてすごく素敵だ。
「ちょっと行ってきます」ってのにも泣かされる。

町を歩く人ひとりひとりにいろんな喜びや悲しみがあって、
それでもみんな日々を生きている…ということを学んだマー君。
時は過ぎても相変わらずだが、
オカンにもらった愛情をいっぱいしょってるんだから、
きっと大丈夫だよね。

愛すべきキャラ・倍賞美津子さんのオカンが、
本当に死んでしまう!と悲しみに襲われるほど、
入れ込んで見てしまった「東京タワー」。
こんなに泣いたのは山南さんの切腹以来デス。
最終回はちょっと端折られ気味な感じだったし、
視聴率的にはふるわなかったのかもしれないが、
見てた人をほとんど泣かせた良作だったと思う。
私自身も毎回、故郷にいる母や、
自分の息子のことを考えずにはいられなかった。
もこみちの演技も素朴さがあふれてて気持ちよかったよ!
映画版のオダジョは、また全然雰囲気違うけど、どーなんでしょ。

★フジテレビ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
公式サイト

★これまでの感想 next#1#2#3#4#5#6#7#8#9#10
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2007年1月期 | comments(0) | trackbacks(16)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
第11話(最終話)「涙の最期」
TOPへ
Happy☆Lucky | 2007/03/19 11:15 PM
マー君(速水もこみち)が東京に来て10年目の春が来ていた。 抗がん剤の治療をやめて吐き気や痛みがおさまり、前よりは調子が良さそうだが、すっかりやつれてしまったオカン(倍賞美津子)。
TOPへ
テレビお気楽日記 | 2007/03/19 11:22 PM
その日、東京は突き抜けるような快晴で赤羽橋から見える真っ赤な東京タワーが空にハシゴをかけていた色々、考えたんだけど。何を書いていいのか解らないなぁ。。。このドラマが始まった時から解っていた覚悟していたオカンの死。その日を迎えた、雅也。どんなに泣こうが
TOPへ
見取り八段・実0段 | 2007/03/19 11:27 PM
ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」最終回を見ました。 ノストラダムスの大予言なんかよりも、 マー君(速水もこみち)が一番、恐れていたこと。 前回、オカン(倍賞美津子)が再入院。 手術を受けることすら出来ないほど悪化していた胃ガ
TOPへ
THE有頂天ブログ | 2007/03/19 11:35 PM
オカン、ありがとうね…そしたらね ノヾ―ィ―ヽ(;ω_;`*)ノ―ノヾ―ィ 抗がん剤治療を止めたせいで、今回はあまりオカンの苦しむ姿を見ずにすんだ・・・ 仲良しの香苗おばちゃんとも外泊したり、お見舞いの息子達とも楽しげに会話したり。 大事な娘も遠くから見舞い
TOPへ
あるがまま・・・ | 2007/03/19 11:45 PM
東京に出て来て10年目の春が来ていた。 マー君は、オカンの抗がん剤治療をやめてもらい吐き気や痛みが治まり、やつれたけど、前より調子が良いみたいだった。病室には、いつものメンバーが集まっては、一緒に食事していた。
TOPへ
まぁ、お茶でも | 2007/03/20 4:36 AM
抗ガン剤治療を止めた栄子の命は?
TOPへ
多数に埋もれる日記 | 2007/03/20 5:44 AM
こんなに最終回で泣いたのは、後にも先にもないかもしれない、いやない!
TOPへ
今日感 | 2007/03/20 7:45 AM
「私と栄子は・・・ええーん、ええーん」(泉谷しげる)でも良かったのだが主人公に敬
TOPへ
キッドのブログinココログ | 2007/03/20 8:39 AM
いいドラマだったなぁ。。。1話から毎回泣いていた。最終回も号泣かと思いきや。。。
TOPへ
アンナdiary | 2007/03/20 11:43 AM
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 [公式サイト] 最終章「涙の最期」(視聴率18.1%、平均視聴率14.95%)東京に出てきて10年目の春が来ていた。抗ガン剤治療を止め、少し元気を取り戻したオカン。雅也は、病院から3ヶ月間出てなかったオカ
TOPへ
のらさんのうだうだ日和 | 2007/03/20 12:35 PM
蕾 (初回限定盤)(DVD付)コブクロ 小渕健太郎 ラストではやはり泣いてしまいました(;つД`) 。オカン・・・東京タワーの下に眠っているんだね・・・。 どういうレビューがいいんだろうと、色々考えたりもしたのですが、中々思い浮かばず。 ただ、ラスト近くのマー君の
TOPへ
たっくんママのひとりごと | 2007/03/20 8:19 PM
ついに最終回ですね。 マー君が東京に出てきて10年目の春。 オカンは今も病院での生活。 抗がん剤治療を止めてからは、それでも、それでも苦しくないみたいですね。 でも、最終回だしさ、どうせならって思っ
TOPへ
サプリで萌えな彼女の秘密ノート | 2007/03/21 11:31 PM
今回で「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」は最終回となる。今回のエピソードを見て、鉄火丼はこのドラマを見て初めて涙した。そのシーンは…?
TOPへ
ŴЧΤĤŤ | 2007/03/24 1:19 AM
オカンもオトンも仲間たちも、そして主人公のマー君も、皆良い人たちで良かった・・・。
TOPへ
あずスタ | 2007/03/27 2:19 AM
210万部を超える大ベストセラー、待望の映画化。いよいよ4月14日全国劇場にて公開!
TOPへ
けんけんのおもしろ日記 | 2007/04/12 6:56 PM