S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
Counter
Twitter
yojohan
「四畳半神話大系」公式サイト
mixi
mixi(ミクシィ)やってます!
Otoframe
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 「下北サンデーズ」第6話 | main | コウモリの冒険譚〜銀翼のコウモリシリーズ読了 >>
write夕来
「花嫁は厄年ッ!」第7話
バレてなかったのね!
でも人をホメるポーズの練習をする幸恵さん、カワイイわ。
やっぱりいい人だ。
すべてを打ち明けようとする明子も、
コレには気をそがれてしまう。
あのタイミングでピンクのシャツ着て
急に出現する次郎もカワイすぎ!
「聞くの?」もお約束でいいわ〜。

結局、また高橋Pに広島弁でスゴまれて、
一郎と幸恵さんの関係を大切したい明子は
企画を続けることにするが、
海外赴任中の明子父が突然帰国。
福島に乗り込んで行ってしまう。
きっちり正装して出迎える幸恵さん、ステキだ。
なんだか安土家ペースに巻き込まれて、
すっかりなじんでしまう明子父。
一郎と一緒に農作業中にタイムカプセルを掘り当てる。
安土兄弟達が子供時代に埋めたもの!
次郎は小銭、桃子は自作小説(<エロ?!)、
香里はわら人形(<“呪”の漢字間違ってる)
入れてたってのが可笑しい。そして一郎は作文と線香花火。
母への気持ちがにじんでいる。

「明子が自分を頼る限りはけじめつける」と言う一郎。
そんな一郎にちょっとずつ魅かれていく明子。
この辺り、今までのエキセントリックな演出と違って
懐かしい感じの日本の田舎の夏を上手に絡め、
きっちりと2人の気持ちが描かれていて好感持てた。
はじめてやべっちがいい人に見えたよ!
「この企画が終わったら二度と会わない」と一郎に言われて、
激しく落ち込む明子も可愛く見えた。

最後、浴衣姿で明子からそっとキスしたりして、
いい感じ…と思いきや、
コレで終わらないのが火サス香里。
しっかり写真週刊誌にチクってますよ!
鬼気迫る【送信ボタン】ポチっとなは、
怖いんだけどやっぱり笑える。
しかし予告の幸恵さんは激怒してましたな。
嘘が嫌いなんだから当たり前か。
やっと今回で新たなスタート地点に立てた明子と一郎なのに、
どうなってしまうのか?
山場を迎えても、あまり厄年関係ない「花厄」だ。

Astaire
Astaire
主題歌は何回聴いても好き。

★TBS「花嫁は厄年ッ!」公式サイト
★これまでの感想 #1#2#3#4#5#6
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年7月期 | comments(2) | trackbacks(9)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
まこ : 
2006/08/18 11:49 AM 
>山場を迎えても、あまり厄年関係ない「花厄」だ。

あはっ♪そうなんですよね〜。当初は別タイトルがついてたのを、わざわざこれに変更したらしいのに・・・
( ̄▽ ̄人))((人 ̄▽ ̄)意味なーいじゃーん♪(笑)

なんだかんだいいながら、明子のわがままに付き合ってる一郎。
今回はやべっちが妙にいい男に見えて惚れそうでした
(*・ ・*)ぽっ

TOPへ
夕来 : 
2006/08/18 10:17 PM 
>まこさん

こんにちは〜♪TBありがとうございます!
最初のタイトルは「花嫁はダミー」でしたよね?
【ダミー】の響きが悪かったんでしょうか…。

私も今回はじめて「やべっち、いいじゃん!」と思いました。
一郎優しいですよね。
やっと盛り上がってきて、来週がひそかに楽しみです。




TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
安土香里(小沢真珠)は一体なぜタイムカプセルにわら人形を入れてるのでしょうか? ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ しかも、愛おしそうにわら人形を箱から取り出してるし、『牡丹と薔薇』の「財布のステーキ」や「わらじのミラノ風カツレツ」を連想しました。
TOPへ
Gecko's Cyber Cafe | 2006/08/18 1:55 AM
今回明子(篠原涼子)の父親・耕作(鶴田忍)乱入ってことでどうせ話数稼ぎの無意味なドタバタ、もう記事アップもパスしようかと思ってたぐらいだったんですが、20年前のタイムカプセルに入っていた一朗(矢部浩之)の幸恵(岩下志麻)への手紙にホロッときちゃったので、
TOPへ
切なさはモノローグ | 2006/08/18 4:30 AM
前回のラストで大喧嘩しちゃった明子と一郎… しかもお母様にばれていた企画… そして… お母様に全てを話しに来る明子! 一体どうなるのか!! 花嫁は厄年!第7話! 今までのお話はこんな感じ(^^) 第1話花嫁は厄年ッ! 不幸が団体さんでΣ(・ω・
TOPへ
zenの日記 | 2006/08/18 5:55 AM
後半はいい話だったと思います。
TOPへ
つれづれなる・・・日記? | 2006/08/18 8:27 AM
『思い出の線香花火』
TOPへ
ぐ〜たらにっき | 2006/08/18 9:21 AM
あらぁ〜何気にいい感じじゃない? (ёё。)(。ёё)。うふうふ♪ 冒頭、お義母さんにバレてなかったとの展開には何じゃそりゃと思ったんですけどね(笑)。 あの雑誌を見て、自分を誉めようとしてポーズを練習してたと明子が解釈するのは かなり無理があるような・・・{/
TOPへ
あるがまま・・・ | 2006/08/18 11:34 AM
今回は良いお話だったかも HPで予告ストーリーを読んではいたのですが、 幸恵さんにバレていなかった理由は・・・かなり厳しいものがありました まぁ、コメディだからなーと言ってしまえばそれまでですが で、明子の父はいきなり帰ってくるし! ホントに事前連絡あ
TOPへ
日々緩々。 | 2006/08/18 11:59 AM
第7話「思い出の線香花火」 花嫁第7話。 こちらの都合の作業により、本気で流し見。でも大体の内容は分かってしまうのが恐ろしい… 明子が仕掛けた隠しカメラに、ポーズをつけたお義母さんが映っていた事を知った明子は、バレていると思いすべてを正直に話そうと
TOPへ
夢の日々。 | 2006/08/18 3:26 PM
『思い出の線香花火』
TOPへ
気ままにいきましょう! | 2006/08/18 10:27 PM