S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
Counter
Twitter
yojohan
「四畳半神話大系」公式サイト
mixi
mixi(ミクシィ)やってます!
Otoframe
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 2011年☆夏ドラマ | main | 「ドン☆キホーテ」第1話 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
write夕来
「それでも、生きてゆく」第1話
瑛太&満島ひかりちゃんの
フレッシュだけど重た〜いドラマが始まりました。
「ブルドクター」も「ピースボート」もチェックしたけど、
私の夏ドラマ記事はこれがスタートです。
1996年、静岡のある町で小学校1年生の女の子が殺された。
被害者は深見洋貴の妹・亜季。
その日、急に仕事に出かけた母・響子から、
亜季を見るように言われていた洋貴だが、
友人とアダルトビデオをこっそり借りに行ってしまったのだ。
響子が帰宅すると亜季が戻っていない。
亜季は洋貴の同級生・三崎文哉と三日月湖に凧揚げに出かけ、
そこで文哉に金づちで頭を殴られ、湖で遺体で見つかったのだ。

父・逹彦と響子は亜季の死からぎくしゃくし始め、ついに離婚。
響子は弟の耕平と一緒に家を出る。
15年後の2011年、洋貴は逹彦と共に、
山奥で釣り船屋を営みながらひっそり暮らしていたが、
亜季の死の責任は自分にあるとずっと思い続けていた。
ある日逹彦が倒れ、ガンで余命いくばくもないことを知らされる洋貴。

一方、文哉の家族も姓を変えて引っ越しをくり返して来たが、
いつも密告にさらされ、普通の生活を送ることができなくなっていた。
文哉の父・駿輔はたびたび職を失い、
妹の双葉は母の旧姓・遠山を名乗っていたが、
婚約者に別れを告げられる。

双葉は密告しているのが深見家の誰かではないかと思い、
釣り船屋を訪ねて行く。そこで再会した洋貴は双葉のことは覚えてなく、
身なりを気にしない淡々とした青年になっていた。
洋貴の方は双葉を自殺志願者と思い込み、気にかける。
そこへ耕平が逹彦を車で連れて来た。
耕平は婿入りした日垣家で響子と暮らしており、
そこに入院先から脱走した逹彦が急に訪ねて来たというのだ。
折しも翌日は亜季の誕生日だった。

響子は逹彦のことを憎んでおり、会いたくもない様子。
耕平も義父に迷惑をかけられないと困っていた。
耕平が帰り、逹彦が横になっている間、
ファミレスに食事に行く洋貴と双葉。
洋貴は部屋に転がっていたアダルトビデオを15年も延滞していること、
自分が女性と一度も付合ったことがないこと、
そしてビデオを借りた日に妹が殺されたことを語り出す。

双葉は途中でいたたまれなくなって退席。
どうして初対面の自分にそんな話をするのか洋貴に問うと、
洋貴は双葉に、同じような目に遭ったことがあるシンパシーを感じたと言う。
もう亜季の顔も思い出せなくなっている洋貴。
いつも亜季に冷たく当たっていたと言う。
「フランダースの犬」の話を引き合いに出し、
悲しいことばかりで最後に死んでしまう主人公・ネロのように、
亜季は「この世に生まれてこない方が良かった」のではないかとも考えていた。

翌朝、姿を消した逹彦が、
駅で包丁を持って東京行きの電車に乗ろうとしたらしく、
警察で保護されていた。迎えに行った洋貴は、
逹彦に請われて、かつて家族が暮らしていた廃屋へ行く。
そこへ行けばいつでも亜季に会えるような気がすると言う逹彦。
響子には忘れようと言った逹彦も、
娘を失ったことで深く深く傷ついていた。
もうすぐ死に行く自分がやり残したこと…それは犯人の行方を追うことだった。

逹彦は少年Aが入っていた医療少年院の看護師を見つけ、
彼が今どこにいるかを突き止めていたのだ。
なんと文哉は8年前に退院していたらしい。
二人についてきた双葉も、その話を驚きを悲しみに耐えながら聞いていた。
逹彦が看護師に渡された文哉が退院前に描いた美しい絵。
それは湖に浮かぶ亜季の姿だった。
あの事件は彼にとって美しい思い出にしか過ぎないのか。
逹彦は文哉がまた殺人を犯すに違いないと言う。
文哉の保護司だった人が亡くなり、その葬式が明日東京であるらしく、
逹彦はそこへ文哉を殺しに行くつもりだったらしい。
だが、力尽きた逹彦はまた倒れてしまって病院へ。
双葉もそのまま東京へ帰って行く。

洋貴は家の押し入れで、逹彦が毎年亜季のために買っていた靴を見つける。
亜季が使っていた赤いランドセルも出てきた。
その中には亜季が描いた自分の顔と、凧揚げをしている絵が入っていた。
そして逹彦が買って来た、誰も食べることのないバースデイケーキ
机の上に置かれていた。
それを見て、家族で妹の誕生日を祝っていた頃の幸せな記憶が
徐々に洋貴の中に甦ってくる。亜季の顔も…。

「お兄ちゃん、凧揚げは?」とねだっていた亜季。
「フランダースの犬って何のためにあるの?」と言っていた亜季。
洋貴はたまらず凧を作り出し、三日月湖まで揚げに行く。
がむしゃらに凧揚げをする洋貴の横には、
「お兄ちゃんすごい」と言う亜季の幻が微笑んでいた。
やがて逹彦が死んだと言う知らせが病院から来た。

洋貴は髪を切って喪服に着替え、響子に会いに行く。
逹彦が死んだと聞いても響子は涙も流さない。
父は弱いながらに家族を守ろうとしたこと、
それでもダメで家庭は崩壊してしまったこと、
死んでも死にきれないと言っていたことを母に話す洋貴。
「少しはあの人のために泣いてやっても…」と言うが、
響子は「もう涙なんかなくなった」と言う。
「それでもオレは生きて行くから。
亜季が生まれて来ても良かったんだと思えるように」と言う洋貴。

そして洋貴は保護司の葬儀会場に行く。ナイフをポケットに忍ばせて。
そこに双葉も現れた。亜季を知っていると言う双葉に、疑念を抱く洋貴。
兄に冷たくされても、一度見せてくれた優しさにすがって
嫌いになることなどできない…と言う双葉に、
「あんた誰?!」と問う洋貴。
その時、歩道橋の上に文哉の姿が!洋貴はナイフを取り出して追うが、
双葉が「逃げて!」と洋貴を足止めする。
その間に文哉はタクシーに乗って去ってしまった。
呆然とする洋貴に、双葉は「私が三橋文哉の妹・双葉です」と名乗るのだった。

文哉は「健太」と名を変えて農場で働いていた。
その草間ファームでは、主人の五郎、出戻り娘の真岐、
真岐の娘の悠里がる文哉を優しく迎える。
文哉は悠里に「フランダースの犬」の本を渡していた。
どうしてこんな悲しいお話があるの?と悠里が聞く…と言う真岐。
「何でかな?」
文哉はまた美しい少女の絵を描きながら、
「たぶん人間って…悲しい生き物だから…」と答えるのだった。

********************

暗い!暗いよ!絶望したっ!
でも思ってた暗さとは違う不思議な感じ。
美しい風景と、キャラクターたちの心情から
目を離さずにはいられない…。
これは家族の再生の物語のはずだから、
ここから徐々にみんな立ち直って行くと信じたいわ〜。
小田さんの主題歌も素敵だし、
辻井さんのクラシック中心の音楽も爽やか。

瑛太はさすがに演技が巧いなー。
妹は自分が殺したようなもの…と気力を失って
死んでるように生きてきた青年をリアルに演じてる。
妹の顔をだんだん思い出し、凧を作って揚げ、
幻に涙しながら湖に入って行くシーンは、
幻想的で切なくて、その演技に見入ってしまったわ。

ひかりちゃんも、「おひさま」の育子とは全く違ったキャラで
いいよね〜。とまどいながら、兄を想わずにはいられない
妹の悲しい心を、巧く見せてくれますわ。
双葉と洋貴はこれから憎しみ合いながらも、
惹かれ合っていくんだろうね。
田中圭くんも福田真友子ちゃんも出てるし贅沢だわ〜。
公式の相関図を見るとキキ=カメ子も出るのね。どんな役?
…おおっ!瑛太に惚れる役なのかっ!それは楽しみ♪
村川絵梨ちゃんは田中くんのヨメ役なのね。

何を考えているかわからない少年Aを、
風間くんが不気味に演じてるのも気になる。
あの日、文哉はどんなことを考えていたのか早く知りたいっ!
そして密告者の正体が誰なのかも…。
被害者家族も加害者家族も、同じように傷ついている中、
どこに光を見いだして行くのか、
最後はどういう風に着地するのか、じっくり描いて欲しい。

☆キャスト
深見洋貴…瑛太/遠山(三崎)双葉…満島ひかり/ 雨宮健二(三崎文哉)…風間俊介/
日垣(深見)耕平…田中圭/草間真岐…佐藤江梨子/遠山(三崎)灯里…福田麻由子/
日垣由佳…村川絵梨/藤村五月…倉科カナ/臼井紗歩…安藤サクラ/
深見達彦…柄本明/日垣誠次…段田安則/草間五郎…小野武彦/
遠山(三崎)隆美…風吹ジュン/三崎駿輔…時任三郎/野本(深見)響子…大竹しのぶ

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2011年7月期 | comments(2) | trackbacks(15)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
まこ : 
2011/07/08 3:51 PM 
確かに暗くて重いんだけど、思ってたような
陰湿なものではなく、上質な暗さ(?)でしたわー。
必要以上に多くを語らない演出が、余計に
熱心にテレビに目や耳を傾かせるって感じ。

反面、そうしないと見逃したり聞き逃したりする事も
多く、田中圭くんが婿養子だったり、あの葬式は
保護司の方のだったのねんと、あとで知った事実も
多いです(笑)。

カメ子はキキほど意地悪な役ではないだろうけど
瑛太を巡って育子と恋のライバルとなるのかなぁ?
視聴者からは、また嫌われるというか、邪魔者
扱いされそうな役だこと(笑)。

TOPへ
夕来→まこさん : 
2011/07/13 5:45 AM 
遅レスごめんねぇ…。最近夜になったら起きてられなくて、
今もタフマン飲んでるよ〜。

>思ってたような陰湿なものではなく、上質な暗さ(?)でしたわー。
そうそう!まこさんの言う「上質」ってのが
まさにあてはまると思う。
重いんだけど、すごく引き込まれる感じで、
主演の2人も台詞に頼らない演技だよねぇ。

>見逃したり聞き逃したりする事も多く
それもわかるっ!私も字幕ONにしてても、
わかんないことが多いから…。
今はガン見しないとついていけないドラマの方が少ないから、
ある意味貴重なのかもね。

カメ子はいつ登場してくるかな〜?
絶対邪魔者になるよねっ!(笑
最近はアメーバプピグのCM見るだけで笑っちゃうわ〜♪

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://plumport.jugem.jp/trackback/1295
Trackback
いよいよ夏ドラマ始まりましたね〜(^^) ちょっと今期は見たい!って思うドラマが少ないのですけど、 とりあえず、このドラマは興味あって見始めました。 いやぁ〜〜重いね。テーマが(^_^;) 妹を殺さ...
TOPへ
よくばりアンテナ | 2011/07/08 1:52 PM
それでも、生きてゆく 第1話 基本的に、この手の『友人に妹を殺害された青年と、加害者の妹が心を通わせていく“禁断の愛”の物語』なんて重いドラマは好きなジャンルではありませんし、「それでも、生きてゆく」という題名からして観たいと思わないのですが、進境著
TOPへ
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) | 2011/07/08 2:51 PM
第1話「禁断の出逢い…」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
TOPへ
Happy☆Lucky | 2011/07/08 3:30 PM
「それでも、生きてゆく」第1話、柄本明さん・瑛太さん・満島ひかりさん、それぞれの渾身の演技に脱帽。 この先を続けて見るには、それなりの覚悟が必要なのであろう、重たいテーマのドラマの第一回でした...
TOPへ
今日も何かあたらしいドラマ | 2011/07/08 3:35 PM
どっちも辛いね・・・(´;ω;`)ウウッ… 被害者家族も、加害者家族も、あの事件以来辛い思いを抱えて生きてるよう だけど、加害者家族は離婚はしたけど、家族で肩を寄せ合ってくらしてるけど 被害者家族は離婚後に、母は再婚?そして次男だけを引き取ってるよう。 父
TOPへ
あるがまま・・・ | 2011/07/08 3:41 PM
初回の感想 
TOPへ
Akira's VOICE | 2011/07/08 3:52 PM
「禁断の出逢い…」 1996年、小学1年生の女の子が殺害された。被害者は深見洋貴(瑛太)の妹。その日、洋貴は母親の響子(大竹しのぶ)から妹の面倒を見るよう言われていたが、約束を守らなかった。やがて犯人は洋貴の友人と判明する。 その後、大切な娘を失った深見
TOPへ
ドラマハンティングP2G | 2011/07/08 4:52 PM
 (-_-)・・・う〜む・・・おもしろいと言っちゃアレなのかもしれんが、続きが見たくなる第1回目だった。 瑛太と満島ひかり、この二人を主演に起用したのは大正解だよね。 二人 ...
TOPへ
トリ猫家族 | 2011/07/08 4:55 PM
うわぁ、どちらの境遇もハード。家族を含め、辛いなぁ… その似た者同士の匂いゆえ、知らず知らずの間。絆が生まれる? キャスティングに魅力を感じて見てみました。覚悟はしてたけれど、扱うテーマがテーマだけに、お、重い… しっかり好みが分れそうですね (^^;
TOPへ
のほほん便り | 2011/07/08 5:52 PM
妹が殺され、バラバラになってしまった家族。その加害者の家族もまた、社会的に弱い立場に追い詰められていた。重いねぇ。なんという重いテーマだろう。正直見終わった後に、どっと...
TOPへ
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2011/07/08 8:26 PM
妹が殺され、バラバラになってしまった家族。 その加害者の家族もまた、社会的に弱い立場に追い詰められていた。 重いねぇ。 なんという重いテーマだろう。 正直見終わった後に、どっと疲れた感じだったわ。 殺人事件の加害者と被害者の家族。 まさしくその
TOPへ
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2011/07/08 8:26 PM
こういう事件は、被害者・加害者どちらの家族も悲劇。最近観た『さまよう刃』を思い出してましたが、こういう作品を通して、何とか答えを見つけ出そうとする私は、敢えて選んでしまう作品かも。やり切れない思いを救ってくれる答えなんて、永遠に見つからないと思いなが
TOPへ
美容師は見た… | 2011/07/08 9:31 PM
1996年 夏 美容院で、働く母は、娘の面倒を、兄洋貴に頼んだが、悪友と、エロビデオを見ることの方が興味があって、すっかり忘れていた。 夜になり、父親が、パチンコで、赤い靴を取ってやったと言われ、亜季はどこと聞かれた。 一睡もできず、両親は、帰りを待っ
TOPへ
まぁ、お茶でも | 2011/07/09 7:22 AM
あんな話とかした後で、よくご飯とか食べられますよね。 普通、きつくないっすか!? 普通、もっときつくないっすか!? 普通じゃないから。 普通じゃないんで。妹、殺されんの。 出会って...
TOPへ
ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011/07/10 3:22 PM
うう。やっぱこの手の暗ーい。重ーい。ドラマは 私は苦手じゃ〜。 なんかね。被害者家族も加害者家族のこともみんな 綺麗ごとのように見せてる感じがすごくいや。 被害者家族はどんなことがあったって加害者を 許せるはずはないし、 ずっとずっと苦しみ続けてずっとき
TOPへ
Simple*Life ドラマ感 | 2011/07/10 6:19 PM