S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
Counter
Twitter
yojohan
「四畳半神話大系」公式サイト
mixi
mixi(ミクシィ)やってます!
Otoframe
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 「BOSS」第7話 | main | 「JIN-仁-」第8話 >>
write夕来
「高校生レストラン」第5話
レストランの視察と遠足がかぶっちゃって大ピンチ!
村木がひとりで対応することを申し出るが、
部員たちの間でも意見が分かれ…。
レストランは軌道に乗り、大阪で有名な調理科がある高校の教師が
食べにきて誉めてくれたこともあり、部員たちは自信を持つ。
村木が給与明細を落としていたことから、
かつて村木が板前修業を始めた時の給料の話になる。
給料は少なかったが、たくさんを学べた…という村木の言葉に、
陽介らは考えさせられた。

今度の金曜日は遠足があるため、土日はレストランは休業。
久しぶりの休みに、何をしようかと浮き足立つ部員たち。
村木にとっても久々の休日だった。
だが戸倉のミスで、その土曜日に関西からの視察団が来ることになってしまう。
今さら予定も変えられないが、金曜日は遠足で仕込みもできない。
村木が20人の視察団のために料理を出すことを引き受けた。

部員たちはそんなことを知らずにワイン工場への遠足を楽しみにしていた。
陽介は自分たちのレストランがオープンしたせいもあって
祖母の定食屋が今ひとつ流行ってない現実に直面していた。
早く店を継いで新メニューを考案したいと考える陽介。

金曜日の仕入れの準備をしていた岸野は、
村木が花御膳を作らずに、和食のコースに挑戦することを知って驚く。
いずれ生徒たちに教えようと思っていたこともあり、
村木は自分でもやってみたくなったらしい。
8品ものコースをひとりで作ることを岸野は心配するが、
遥も手伝いを申し出て仕込みをすることに。

遠足の日、生徒たちは無事出発し、村木の仕込み作業が始まった。
ところが陽介ひとりが遠足をすっぽかしてレストランにやって来る。
視察団のことを漏れ聞いていた陽介は、仕込みを手伝いたいと主張。
村木は遠足に行けと断るが、陽介は時間がないと焦っていた。
3年生は秋には引退しなければならず、技を身につける時間が足りない…と。
陽介は卒業後すぐに祖母の店を継ぐ気でいた。
村木はその情熱にほだされ、自分が頼んだことにして陽介を厨房に入れる。

そこへ吉崎から電話が。真衣も遠足に陽介の姿がないことに気付き、
吉崎から陽介がレストランにいることを聞き出した。
部員たちも陽介のことを聞き、それぞれに意見が分かれる。
陽介は抜け駆けした、休日をつぶしたくない、
遠足をサボると内申に響く…などなど。

その頃、コースの内容に行き詰まった村木は、気分転換に外出し、
陽介と話し込んでいた。
確実に将来を決めていてる陽介に対して、
自分は寺を継ぐ気もなく、漫然と大学に入って上京し、
バイトをしながら何ができるかのをずっと考え続けていたと言う。
陽介に「考えていた時間はムダじゃない」と言われ、
村木はコースの料理を一品変更することを思いつく。

急いでレストランに戻って、変更に対応しようとする村木。
岸野もレストランで町を元気にすることを熱く遥に語っている所だった。
そこへ部員たちの一部が顔を出す。
多数決で戻るかどうか決めようとしたが、
「戻る」を支持する彼らは負けてしまった。
その「負け組」の13人だけ、遠足を終えてショートカットで戻って来たと言う。
岸野が尋ねると、多数決は15対13の僅差だったらしい。
村木は部員たちがしたことは高校生としては正しくはないが、
「ここはお前たちの店だから」と部員たちを受け入れる。

真衣は、将来のことでみんな悩んでいるけど、
レストランに来れば一歩でも前に進める気がする…と言うのだった。
真衣は陽介が卒業したら東京に行ってしまうと思って焦っていたのだ。
陽介は村木も回り道をしたと言うことを聞いて安心したと言う。
時間がないなりに、自分自身のことをよく考えてみようと思ったらしい。
そこへ吉崎がやって来て、「授業と部活はしっかり分けて欲しい」と
村木に進言するが、部員たちの行動は黙認してくれた。

村木は、学校では 「夢や希望を持て」と教わったけど、
実際社会に出ると夢も希望も見つからなかった。
でも陽介はこのレストランに夢と希望を見つけたのでは…と吉崎に話す。
高校生レストランは確かに社会と生徒をつなぐ懸け橋になっているはず。
「 ここで働くことによって生徒は社会と直に接することができる。
決してそれは無駄なことではない」と言うのだった。
そして吉崎になぜ調理師免許を取らないのか?と聞くと、
吉崎は恥ずかしそうに「お魚に触れない」と意外な返答。

そして土曜日…「負け組」生徒も参加して、
視察団に初めてのコース料理が振る舞われる。
戸倉もこれには感激の様子だ。
きびきびとそれぞれの役割をこなす部員たち。
味も好評で、また村木も部員たちも進歩を遂げたのだった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回は最初から戸倉課長に突っ込みまくり!
あんた、アポ忘れるんじゃねぇよ!
しかも最後は泣いてるし、バッチグーだし…。
いや…いいキャラだよね、金田さん。

今回は陽介の思いが村木に伝わりました。
ストレートに夢や希望を語り、将来に迷いながらも
レストランに懸けようとしている若者たちがいいよね〜。
「社会と生徒をつなぐ接点」という村木の台詞も良かった。
なんか毎回村木が良いことを言うのがええわ♪。

あと吉崎先生のツンデレ度が一段とアップ!
今回の「お魚」はかわいかった。
彼女も彼女の方法で生徒たちのことを一生懸命考えてるから、
冷たいようなんだけど、実は熱いものを秘めてる教師だと思う。

次回はうみかたんがフィーチャーされそう!
真衣がホールに回されちゃう!?どーなるのかなぁ?

☆キャスト
村木新吾…松岡昌宏/岸野宏…伊藤英明/吉崎文香…板谷由夏/村木遥…吹石一恵/
都甲仁美…柴本幸/坂本陽介…神木隆之介/米本真衣…川島海荷/
中村幸一…野村周平/田村翔太…秋元龍太朗/川瀬真奈美…三吉彩花/
岩瀬厚一…平田満/佐藤圭作…河西健司/戸倉正也…金田明夫 /村木定俊…原田芳雄 


☆これまでの感想 #1 /#2 #3#4  
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2011年4月期 | comments(0) | trackbacks(6)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -

Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://plumport.jugem.jp/trackback/1279
Trackback
「高校生レストラン」第5話は高校生レストランが休日になった週末に今度は役場が事もあろうに地方の視察がレストランの休日に指定され、新吾は迷うが、新吾自身自身の腕を試した ...
TOPへ
オールマイティにコメンテート | 2011/06/05 8:00 PM
高校生レストランに、大阪泉高校の調理科 小菅と太田が現れた。村木新吾に挨拶した。「泉校(いずこう)」は、料理コンクールで何回も優勝している学校だった。 味を褒められ、頑張ってくれと激励されて、皆の意気があがった。 観光課に関西の自治体の視察団がレスト
TOPへ
まぁ、お茶でも | 2011/06/05 10:26 PM
「遠足vsコース料理」 高校生レストランの評判を聞き、関西から視察団がやってくることになった。 高校生レストランが全国区になるチャンスでもあり、岸野(伊藤英明)たち役場の人間にとっては、願ってもない申し入れだ。 しかし視察日に指定された土曜日は、レスト
TOPへ
ドラマハンティングP2G | 2011/06/05 10:32 PM
高校生レストランの評判を聞き、視察団がやってくることに。喜ぶ関係者達。でも、その日はあいにく、遠足と振替え休日とバッティング。仕込みと給仕ができなくなります 高校生としては、学校行事が最優先。内申書にも響きます。分かりすぎるほど分かっている分、新吾
TOPへ
のほほん便り | 2011/06/06 8:38 AM
5/7から日テレで始まったドラマ『高校生レストラン (公式)』の第5話『遠足VSコース料理』の感想。 感動した方は読まないで! この手の「感動して当然」的なドラマに、私の真意を書くとろくなことがない。従って感動した方は読まないほうがいい。。 で、結
TOPへ
ディレクターの目線blog | 2011/06/06 11:07 AM
『高校生レストラン』また陽ちゃん@神木隆之のカレーを食べに来た真衣@川島海荷。カレー王国のピラリ姫・・・ではなく、ウタコのカレーより美味いのかぁ金儲けと町興しにしか頭 ...
TOPへ
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2011/06/07 9:12 PM