S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
Counter
Twitter
yojohan
「四畳半神話大系」公式サイト
mixi
mixi(ミクシィ)やってます!
Otoframe
qrcode
↑ケータイで読む↑
write夕来
「医龍」第4話
今回も地底人、大活躍。
ダメな機械と一緒に潰されちゃってください…て感じだが、
龍太郎以外誰も逆らえないのね。
間違っていても、権力には従わないといけない。大学病院ってそんな所なのか…。
その野口に忠実に従っていただけなのに、
最後は切り捨てられてしまう哀愁の医師・沖が、袴田っちだぁ イヒヒ
私の中ではいつまでもケン・ソゴルの袴田っちが情けない役だよ…。

それもそうだが、徹平ちゃん@伊集院はもう仲間になったと思ってたのに、
まだ決心着いてなかったんかいっ!
顔も小さいが心も小さいです。(<今日の名言)
でも、足震わせながら沖を止めようとした所は、
やっと自分で変わろうとしてる姿が健気で、チョト感動。
折しも龍太郎がばーんて感じで入ってきて、「俺の患者に手を出すな」って、カッコよすぎだ!
くらのすけ@藤吉も、他社のペースメーカー持ってミキと一緒にスマートに登場。素敵だ ラブ

夜更けのイメージトレーニングにはちょっと笑ってしまったぞ。
高い所登って、なぜかドライアイス漂わせながら
太極拳ばりのスゴい動き。
心なしか、シルエットがブルース・リーみたいになってるよ。
この状況で「お前が必要だ」などと言われ、伊集院はすっかりメロメロだ。
「よろすぃくおねがいしばすっ!」って、ちょっと噛み気味なのもカワイイ。

結局、バチスタ患者が見つかったことで、龍太郎は辛うじて残れることになったが、
野口教授はホンマにしたたかなお人だねぇ。
バチスタ患者をめぐっては、また一波乱ありそうだ。
そして次回いよいよ、サダヲちゃん@荒瀬が動きだす…!
「にゃにゃ〜つ」は狙ってんのかどうだか分からないが、なんか可笑しいわ。
ERに移ると見せかけて、優秀な麻酔医のチェックをしていた龍太郎。
年棒2,000万にも目がくらまず、めちゃめちゃやり手です。
龍太郎は荒瀬を仲間にできるのか、バチスタ手術は無事行われるのか。
そして霧島軍司は来週も黒いのか?!
いろいろ先が気になるなぁ…。
藤吉が鹿児島に飛ばされちゃわないうちに早く手術してくださいよっ!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(0) | trackbacks(20)
write夕来
「ブスの瞳に恋してる」第4話
前回に引き続き美幸ファミリーが登場。お父さん…頑固そうだし、
美幸とぶつかってるけど、娘のことをすごく心配してるんだよね… ニコニコ
でも、焼肉屋での似た者同士のぶつかり合いはなんか可笑しい。
結局、強がる美幸はおさむに彼氏のフリをしてもらうことに。

この辺も翔子と竹田の思いが交錯して、ちょっと切ない。
弥生はおさむに彼女がいることを知らないから、純粋に美幸を後押ししてて、これまた切ない。
(<男装はよかったけど。この辺りのみんなの芝居っぷり、
懐かしくて未だに大好きな「王様のレストラン」を思い出したわ)
おさむに「夢に向かって真っ直ぐな君が好き」と言われて、仕事を頑張ろうと決意する美幸がカワイイ。
おさむを好きと自覚してからの美幸はまた、健気だなぁ〜。

しかし、ムカつく後輩のイメージを払拭できるか?の瀬戸際だった忍成修吾くんの松本が、
美幸の気持ちを利用して、「ムチャデス」に出演させてしまう。
やっぱりカワイくねー後輩です。オダジョもそう言ってマス。
美幸のことを本気で心配してるおさむの説得も、
「おさむさんのことが好きだから」と思わず口にしちゃう美幸も、
見てると両方の気持ちが伝わってきてぐっと来ちゃった ポロリ
そして、激高するおさむを止める太極拳おじさんの上島がカッコいい!
「俺たちに正解はない」って台詞が素敵だ…。

最後、愛する杏ねえこと井川遥が再登場!
公式の次回予告を見ると、このおさむの元カノ美也子は、脚本家になってるらしいね。
おさむと仕事でどんな風にかかわってくるのか?!彼女にはおさむと美幸の恋を応援して欲しいなぁ…。
美幸のことを少し意識し始めたおさむと、おさむとユミのことを知って傷つく美幸。
次回も目が離せませんぞ!
オモシロだけじゃない美幸の良さに、早くおさむが気づいてくれるといいね。
今回はおさむがジューシィ中島を聴いてたけど、
影の応援者としてジューシィにはぜひ頑張って欲しい。

しかしNEWSの加藤クン、影薄いわ…。彼氏のフリ、全然OKなのに。
あと、どすこいラーメンの常連客でいつもひっそり出てる日野陽仁さんがいいねぇ。
役名も「日野陽仁」って、なんなんだ…。

★フジテレビ「ブスの瞳に恋してる」公式HP
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(4) | trackbacks(14)
write夕来
「アテンションプリーズ」第3話
あれ、なんか美咲洋子がかわいく見えるんですけど…たらーっ
非常救護訓練で生き生きしてるから?
大声で「大丈夫だ、おまえら」って言ってるから…??

でも「ホントの事故じゃないから…」って、緊張感まるでナシ。それでいいのか?!
いや、その宝くじ1等くらいの確率の「もしも」のための訓練だからね。
三神さんがその態度を厳しく批判する。
前回も翔太が洋子を諌めてたけど、破天荒な主人公…と見せといて、
やんわり「それじゃダメ」という教訓を掲げてるのか。
やっとこのドラマの意図がうっすら見えてきました。 モゴモゴ

今回は意地悪同期生・弘田沙織と「もしも」のアクシデント体験を共有することによって、
彼女のCAになりたい動機を知り、反発しながらも少し分かりあう。
この辺りは今までと違う流れで楽しめたが、
友情が芽生えただけで、避難訓練の重要さを知るエピソードではなかったような…。
孝太郎のカラスくんのダメキャラぶりはよかったけど。

そうは言っても、最後の救護訓練の試験の盛り上げ方とかは演出が巧いよね。
救命ボートがばーんて広がるところや、関山が脱出を克服したところとかは、
なかなか感慨深く見られた。
(<大塚ちひろ、「ショコラ」の時より太った?
制服をやっと手にすることができたのも、チョト感動。
このドラマの楽しみ方が3話目にしてわかったかな〜という感じ。

しかし翔太は気が短いですな。ラーメン屋で注文したのに出ていくな!
まぁ彼の言ってることは正論だし、はにかみ笑いはカワイイし、
もっと怒ってもいいよ…いや、翔太になじられたい
…と、変な方向に行っちゃってる私だが、
井上順の寒いダジャレはもういいです。
彼の意向だけは未だにわからないわ。
次回からは彩チャンの制服姿も拝めるし、楽しむ姿勢を保ちつつ気楽に見て行きます おはな

*************************************************
GW中になぜか仕事がきゅうきゅうなので、「ブス恋」の感想は後ほど…。
この週末は外出してるし、全体に更新が遅れがちになると思います。
あと、いったん解消されたはずなのに、またgooの方にトラバできない状態になってます。
また復活したらこちらからTBさせていただきますので、ご了承ください。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(3) | trackbacks(15)
write夕来
「マチベン」第4話
今回のゲストは地底人こと岸部一徳。

法廷シーンもラウンド法廷が登場したりと、いつもと違う雰囲気で、
何よりも、ココにきて初めてジュリーの後藤田が弁護を行ってたし、
ちょっとインターバル的な内容だと感じたんだけど…。
いや、往年のサリーとジュリーファンへのサービスか?!などと勘ぐる私 たらーっ

後藤田の昔なじみの新田(岸部一徳)からの依頼。
後藤田はかつて新田の会社の顧問弁護士をしていたが、
詐欺事件に絡んで嘘の証言をされ、弁護士資格剥奪の危機にさらされたらしい。
自分は会いたくないから、涼子と啓吾にこの仕事を振ってしまう。
相変わらずカワイイ青りんごちゃん 青りんご 啓吾。自分のことを話題にされてもボケまくってます。
しかし、彼は涼子の過去が気になる様子…。

安楽死を求めて病院を提訴するという新田だが、病院側の弁護に登場したのは、
前回も出てきたいけすかない女弁護士。
啓吾が以前に所属していた太田&スミス法律事務所の先輩だ。
新田を献身的に介護する看護士の亀井(原田夏希)は、実は新田の認知していなかった娘で、
彼女のことを傷つけたくない…というのが、新田の本音だった。
病院側の証言者として法廷に立つ亀井。彼女の口からは意外な言葉が…!

安楽死の問題は難しく、良いとも悪いとも言い切れないが、
「死ぬため」じゃなく「最後まで自分らしく生きるため」という新田の最初の気持ちも、
亀井が自分を父親と分かっていたことを知ってから「生きたい」と言う新田の願いも、
どちらも生へのこだわりが感じられた。
「ありがとうと言って死にたい」という台詞も印象的だった。
裁判の勝ち負けは関係なく、毎回自分の生き方を問われているような深いドラマだなぁ〜。

次回はいよいよ深川保の事件が再び動き出し、涼子が殺人未遂の罪を犯すことに…!
最後の法廷シーンでは、啓吾の大活躍が見られるか?!
ところで、癒しキャラ・村さんが今回「天地先生に死にかけていた所を救われた」と言ってたが、
このエピソードは登場せずに終わってしまうのかしらん…。寂しいわ ポロリ

★NHK「マチベン」公式HP

★今までの感想
第1回「法廷は涙にめざめる」
第2回「依頼人を裏切れますか?」
第3回「死刑囚を救えますか?」
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(4) | trackbacks(6)
write夕来
「クロサギ」第3話
詐欺に詐欺する手口については、いろいろ突っ込み所は多いが、
まぁそれは置いといて、山Pを楽しむ時間ですよ!
しかし、シロサギはどんな相手でも一度は疑ってかかるってのはお約束なのかね?
今までに出てきた偽財団融資女も、女結婚詐欺師もそうだったし。
しかもお金が出てくると、まあいっか的にクロサギにのっかちゃってるし イヒヒ

今回のゲストはマチャアキ。お釈迦さまよりはサギが似合います。
ゆかり(市川由衣<ちょいウザ)が黒崎に近づきたいために、
詐欺被害に合った友達の友達はまた友達みたいな子を連れてきた。
でも宝石詐欺の清水については、桂木もマークしてたようですよ。
ブライダルコンサルタントになりすました黒崎が、清水から高価な指輪を騙し取る!

最後、ホテルのロビーに残されてキョトンの本物の相馬さんと、
騙されたと気づいた時の清水の表情の変化と暴れっぷりは、ちょっぽり爽快感はあったかな〜。
さすがマチャアキ、演技が巧くて見入ってしまった。
山Pの営業マンコスプレは、初回とあまり変わらずいまひとつだったけど、
最初のホームレスと最後のベルボーイはよかったわ ラブラブ
特にベルボーイの姿でわざわざ清水の前に顔出して、「ば〜ん」だっちゃ!
(<いや、「だっちゃ」は言ってないって 汗
のところ、かわいすぎ!制服萌えか、私は!?

しかし、黒崎の過去を知った氷柱チャンが、また正論振りかざして黒崎を泣かしてる…。
「あなたはそれで幸せなの?」って、
トラウマ背負った人に向かって、なかなかそんなことハッキリ聞けないよ、フツー。
まぁ、検事志望だからズバズバ言っちゃうっていう設定かしらん?
泣きながら言っても説得力ないよなぁ…。真希ちゃんカワイイんだけど。

次回はいよいよ極楽とんぼ・加藤の白石が本格的に登場だ。黒崎と対決するのね。
戦って負かして、次からは仲間になるっていう、
少年マンガ方式を希望!
だって黒崎ひとりで氷柱と戦うの辛そうだもん(<違うって!

★TBS「クロサギ」公式HP

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(0) | trackbacks(25)
write夕来
「医龍」第3話
くらのすけ、ピンチ!
しかもムスメが美央ちゃん!(<@アンフェア)
倒れっぷりも見事だ…。
車の窓ガラス割られて、徹平ちゃんもピンチだぞ!
…と、興奮気味の今回。いや〜、「医龍」面白いよねっ!
医学知識の全くない私でも、なぜか妙な臨場感があって、素直に楽しめます。

次なる仲間は、外科嫌いの内科医・藤吉。
離婚して引き取った娘が心室中隔欠損で明真大病院に入院してる。
娘に寂しい思いをさせている負い目もあってか、手術を頑に拒否する藤吉。
一方、病院側はその手術を龍太郎にさせて、彼の腕を見ようと画策してる。
ERにも引っ張られて、大人気の龍太郎だ!
てっきり龍太郎が手術を成功させて、藤吉が感激して仲間になる!と思ってたんだけど、
切られたの藤吉でした…しかも路上で。
ナイフで切っちゃってるよ!う〜ん、すごいぞ!
運悪く(?)その場にいた伊集院は、「こんなの犯罪だ〜」と逃げまくるが
「助かる命を助けない方が罪だ」と龍太郎になじられちゃう。
美空あおいも口にすることができなかったこの台詞、熱いぜぃ!

結局、自分の命を助け、娘のことまで思いやってくれた龍太郎に感銘を受け、
藤吉圭介がパーティにくわわった!(チャラ〜ン♪ ゲーム
しかし、なかなかサダヲちゃんが仲間にならない…。暗い過去があるらしいけど、何なんでしょ?
あと、相変わらず池田鉄洋さんの木原が軽くて変な味わい。
「純情きらり」の河原さんと足して2で割って欲しい…。
ちょっと気になるのは、稲森いずみの加藤晶があんまり魅力的に見えないこと。
夏木マリのER教授の方がずっと素敵だ。
まぁ加藤がもっとフィーチャーされるのは後半だろうから、
今は‘ゴッドハンド’霧島軍司とのダークカップルぶりを生あたたかく見守るとしよう。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(3) | trackbacks(22)
write夕来
「ブスの瞳に恋してる」第3話
実は私、前回おさむの元カノ・美也子と美幸の笑顔が重なった時に、
おさむの方も少しは美幸を女性として見ているのかな〜と期待してしまっていただけに、
今回冒頭で「彼女のことは面白いとしか思っていない」みたいなナレーションだったから、
めちゃがっくり来てしまった。

しかも前半はとにかく美幸の気持ちが空回りしてるし、過去の告白の思い出も悲しいし、
合コンのシーンもなんだか辛〜い気持ちで見ていたが、
最後のファッションショーで一気にテンションUP! up
「好きな人の前で笑われたくない」とあれだけ言ってた美幸が、
好きなおさむの窮地を救うために、自ら笑われることを選ぶ…というのは
すごく感動的だった。演出が巧いよね〜。
おばちゃんファッションは、実は美幸の母性の現われ??
元カノ・美也子も母性愛の女性だし、イメージは重なるかな。
でも美也子はどうして突然失踪したのかな?後半再登場する可能性は充分アリなので、
そこら辺は期待して待っておこう。

合コンシーンで大森南朋さんがフィーチャーされたのは嬉しかったわ ニコニコ
今までめちゃ地味くさかっただけに…。
翔子におさむのことを聞いて、そっと真実を告げるのもよかった。
翔子が美幸のことを思いやってるのも、ひしひしと伝わってきたし…。
混世魔王こと松重さんの渋い演技もええなぁ。
ラーメン屋女主人の室井さんも、亡くなった(?)ご主人との恋バナを語ったりして、
ホロリとさせてくれた。(<ピョン吉Tシャツええぞ!

しかしエビちゃんは、回を追うごとに演技ヘタになってないかい?!
今回、ショーで歩いてるところはさすがに可愛かったが、台詞まわしは…ねぇ… [:ふぅ〜ん:]
そもそも親子で楽しむファッションショーに、
何も子供向きの演出ナシってのもあり得ないような気がするし、
バラエティ作家だからって、あそこまでボロカスに言われるのもあり得ないような…。
などなど突っ込みたいことはあるが、最後の演出がよかったのでまぁOK グッド
次回、美幸いよいよ告白か?はたまたバラエティ出演か?!

★フジテレビ「ブスの瞳に恋してる」公式HP
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(0) | trackbacks(16)
write夕来
「アテンションプリーズ」第2話
他人の制服勝手に着ちゃダメだろ!…と怒ってみるが、
就職面接に他人のスーツを着てた洋子だから、このくらいはフツーかも たらーっ
…てゆーか、英語もロクにできない子をCA訓練生として採用する企業の方がもう絶対変だよ。
型にはまらない破天荒なCAとなる主人公を描くなら、
無理にJALを実名で登場させる必要はなかったのでは…。
そんな所でリアリティを追究しなくてもいいと思う。

私は大人だから洋子を「なってないなぁ」と笑えるが、
これから自分の職業を選ぶ中高生たちが、
「仕事ってこんなんでいいんだ」と思い込んでしまったらどーしよう 汗
…などと要らぬ心配をしてしまうが、
勝手に制服着ちゃった洋子が、その制服のおかげでいい思いをするのではなく、
現場のスタッフの苦労を味わって、少し成長すると言う切り口はよかったかな?
(<しかし実際には、中国語しか話せない人と筆談だけでコミュニケーションとるのは難しいです…。
漢字だからってナメてちゃダメだよ!)

真矢みきの三神教官が「謝罪の言葉をきちんとする」「相手の目を見て優しい表情をする」などなどを、
洋子をバカにせずにきっちり教えようとしてる姿勢もいいと思う。
考えてみればこれは人として必要なことだよね?
ちなみに真面目に言うなら、

一方、エロくさい雑誌を立ち読みしてる翔太だが、今回も何気にいいコト言ってた。
錦戸亮クンは「てるてる家族」のかずちゃんの時から好きなんだけど、
地味気なのにキラリと小粒に光ってるところがいいなぁ ラブラブ
あと、パイロットの小日向さんがちと伏線くさいことを言ってるのが気になるぞ。
アイドルCAの麻生カオルが洋子の耳元で「覚えてらっしゃい」と囁くのは怖かったが、
(<ユミン、いいね)
彼女自身も同僚からちくちく言われたりして、女の戦いはどこにいても続くことを垣間見せてくれた。
そんなねちっこい女の園を改革できる新世代のCAとして洋子が成長して行ってくれるなら、
すごい大河ドラマになりそうだ。…って、また妄想入ってきた!
次回は緊急時の訓練みたいだし、洋子のイタい言動はあまり気にせず、
単純に訓練シーンを興味深く楽しむことにします。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(0) | trackbacks(15)
write夕来
「マチベン」第3話
全6回の折返し地点。初回からずっと涼子の面会拒否し続けてきた
ゴリさんこと無期懲役囚・深川保が、やっと涼子と顔を合わせるところからスタート。
例の法廷シーンからではなかったのね…。
深川を無期懲役へと訴追したのが、かつて検事だった涼子だったことも判明。
ゴリさん、「あんたらに何ができる!」とかってめちゃ怒ってます…。

一方、連続保険金殺人事件で死刑の判決を受けた、愛川サチの弁護を受けようとする涼子。
ふてぶてしく法廷に上り、いかにも悪女っぽい感じのサチ…最初は若村麻由美と気づかなかった!
サチの弁護を受けたのは「名をあげたいから」と涼子は言ってたけど、
「言いたくない」理由は、深川の件が心に引っ掛かっていて、
自分の力で判決を覆してみたいという気持ちがあるんだろうね。

そしてまたまた涼子と対立してる、山本くんの青りんごちゃん青りんごこと神原啓吾。
反発しながらも、涼子をサポートする姿勢は素晴らしい。
サチが自分の絵を取り戻して欲しいと依頼してきたことから、
事件の思わぬ証拠が転がりこみ、ストーリーは意外な方向に進んで行く…。

この辺りまでで、すでに45分くらい経過してるから、
「この話、来週まで続くんじゃないの?!」と一瞬不安になるが、
シーンが法廷へと移ると、一気に真実が判明だ。
毎回、法廷シーンはすごい緊迫してて手に汗握ってしまう。
前回も書いたが、CMがない分60分にめちゃ内容が詰まってると思うわ。
証拠の遺書をあんな風に切り札みたいに出すのはありなのか?!と疑問は湧いたが、
それもサチに自分を信頼して欲しいがための涼子の戦法と見れば、
“意表をつく法廷戦術を得意とする”という設定と一致してるし、妙に納得してしまう。
遺書を読み上げないと断言した涼子にやっと心を許し、
涙を流しながら真実を語り始めるサチの姿に心打たれた。
奥さん役の伊藤かずえもいい演技だった。あの遺書の公開によって救われたのは、
サチだけじゃなくて、奥さんも同じだったと思う。

最後に「20年たったら貴女のところに髪を切ってもらいに行く」と微笑みながらサチに言う涼子は、
ちょっと緊張がほぐれた優しさが見えて、すごく印象的だった。
次回のゲストは岸部一徳。ジュリーつながりか?!
あと2回のうちに涼子が殺人未遂を起こしてしまうのかと思うと、
ドキドキして落ち着かないが、どんな展開になっていくのか…。
ともあれ、最後に大活躍しそうな神原啓吾に期待する!

【今週のツボ】
青りんご ラーメンかなんかを食べながら、慌てて喋る時に口を手で隠してる乙女のような啓吾
青りんご 涼子にさりげない気遣いを見せる 源さん 村さん。癒し系だ〜
青りんご 啓吾に組まないか?と提案したのに、スルーされてるたまをさん
青りんご 画廊の張り紙の絵がby蛭子さんだ…
青りんご ブチ切れるジュリー
青りんご 検察官が「新選組!」で尾形役だった飯田基祐さんだった汗
……いろいろツボってます。

★NHK「マチベン」公式HP

★今までの感想
第1回「法廷は涙にめざめる」
第2回「依頼人を裏切れますか?」
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(0) | trackbacks(7)
write夕来
「クロサギ」第2話
オープニングのアニメ映像&素肌サスペンダーは、
毎回見れると言うことですな!えへへ…。
今回は氷柱がなんと黒崎のお隣に引っ越してきたぞ。しかも黒崎の方が大家だって。
ベタな設定だけど、まぁ基本だ。
黒崎は高校時代の友人・田辺智と再会するが、
彼は次のターゲットであるアカサギの弟で、智自身もアカサギだった!
高校時代の詰め襟山P、萌え〜 ラブラブ
友人をターゲットにしなければならなくなって、苦悩する姿もいいなぁ。
小山くんみたいなファニーフェイスな男の子が
母性本能に訴えてくる方が、隙のない美形詐欺師よりも効果ありそうかも(<一応、ホメてます 汗

その問題のお姉さん・美咲は、ボタバラ以来そんな役がぴったりの小沢真珠。
昨日「医龍」でダメオーラ出してた医師役の小林すすむが、
ココではアカサギに騙されとるがな!
黒崎は美咲に近づくが、今回は「騙す」というより、
狸と狐の化かし合い大作戦て感じだ。
変装がチープなのは、わざとですよね?!
…ていうか、違う変装も見たかったわ モゴモゴ
一方、氷柱の友人・ゆかりも、智にすっかり騙されてお金渡してる上に、
メイド喫茶でアルバイトしてる。
彼女の家はお金持ちだが、家族の愛には恵まれてない子だった。
しかし、市川由衣よりどっちかってーと
堀北真希チャンのメイド姿が見たいなぁ…。

結局1億円の見せ金のトリックによって、黒崎は美咲の3,000万円をゲット。
智も詐欺告白のVTRを警察に送られて、
神志名(<哀川翔のカカカ笑いがスゴい!)に捕まってしまう。
でも本当は友人に詐欺になんかなって欲しくなかった
黒崎の悲しい心情が伝わってくる。
最後、またしてもひっかきまわし役の氷柱に、
家族のことを問われて涙する黒崎。
うるっと来ちゃうぜ、コノヤロー! ラブ

あれ?極楽とんぼ出てないね?いつ絡んでくるのかしらん。
あと、山崎努のぬか漬けがらみもう勘弁!
この前の「マチベン」にもゲスト出演してた奥貫薫の、
控えめな演技は結構好き。
今後ゆかりは黒崎LOVF設定ということで、
氷柱と微妙に張り合っちゃったりするのか?!
来週のゲストはマチャアキだ!すごいぞ!
なんかいろんなドラマのおいしいトコ取りな感じもするが、
やっぱり山Pは見逃せないっ!

★TBS「クロサギ」公式HP
TOPへ
応援! ブログ村ランキング | ドラマ/2006年4月期 | comments(2) | trackbacks(21)

/ 1/2PAGES / >>